第65回・ミャンマージャパン・SEDA東京交流会のお知らせ

■■ ミャンマーを知る・語る・見る、チャンスが産まれる!

2019年7回目の「第65回ミャンマー交流会」を開催します。
2013年から開始したミャンマー交流会は今回で65回目を迎えました。

毎月開催される交流会に関心のある方が増え、毎回多くのチャレンジャーが参加し、情報交換が行われ好評で,前回の交流会は参加者29名中新規参加10名で、今までの参加者数は累計1,010名になりました。

参加者にも各自1分間の自己紹介で多くの参加者との名刺交換などで交流し人脈が広がりご自身の事業展開にも役立ちますので、ご参加をお待ちしています。
今回も前回と同様に開催場所が衆議院第ニ議員会館になりますので、事前に申し込んで下さい。事前申し込み無しの当日参加は会館の警備上お断りしています。

当日は会館1F(会議受付)で事務局スタッフがお待ちしておりますので『通行証』を受け取り、13:00から13:20までにおいで下さい。
それ以降に遅れる場合には担当理事清水の携帯電話070-1581-3700に連絡下さい。
尚懇親会だけの申込は会場の入場の規則があり、お断りしております。

(1)主催者
一般社団法人ミャンマージャパンSEDA東京

(2)日時 2019年 7月26日 (金)
受付開始13時00分から   衆議院第ニ議員会館地下8号会議室
交流会  13時30分~17時 衆議院第ニ議員会館地下8号会議室
会費 交流会3,000円(会員は2,000円)、交流会+懇親会 5,000円(会員4,000円)
懇親会 17時00分~19時 懇親会場 衆議院第2議員会館地下食堂 。
交流会参加者のみ懇親会に参加できます

ご出席希望の方は事前に月度会費として下記口座にお振込をお願い致します。万が一お振込が間に合わない時は後日のお振込で結構です。お振込み手数料はご負担願います。お振込は可能であれば出席者ご本人様のお名前でお振込頂ければ幸いです。また急なご欠席の際、既にお振込されている場合は、恐れ入りますが払戻しが叶いませんので次回以降の以降のご参加分としてご利用下さい。次回以降お申込みの際にご連絡を願います。尚、 領収書は発行致しておりませんので、お振込の際の受領書を領収書としてご使用下さい。

銀行口座 りそな銀行 練馬支店 普通 4376169
口座名 一般社団法人ミャンマージャパンSEDA東京

万が一お振り込みが間に合わない場合には後日のお振り込みでも結構です。

(3)場所 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第ニ議員会館
地下鉄東京メトロ国会議事堂駅(丸の内線、千代田線)出口1徒歩5分
地下鉄東京メトロ永田町駅(有楽町線、半蔵門線、南北線)出口1徒歩5分

(4)交流会プログラム
13:30 – 14:20 ミャンマー最新動向

講師 河野 順一 ミャンマージャパンSEDA東京代表理事

略歴 2013年月8月にミャンマージャパンSEDA東京を設立、以来6年間日本
の中小企業とミャンマー企業との橋渡しとビジネス交流会・ビジネス訪問団の
業を継続、88才,ネスパ(温泉・地熱)会長、コモンブリッジ・社長

講演要旨 新投資法と新会社法による経済活動環境整備の進行状況や外資参入の統計的数値などからハングリー精神旺盛なミャンマー中小企業の現況などからポジ的な発想で進出促進をアピールする内容

14:20-15:10 ミャンマー・日本の産学連携活動の強化を目指して

―その他の国の連携活動の事例の紹介―

講師 国友 亨二(NPO未来アジア技術フォーラム副理事長、
(株)クラレンドン研究所代表取締役)

講師略歴 1970年東京工業大学生産機械工学科卒、1970-2005年(株)リコー研究開発部門新事業開発に従事、2005-2011年東京工業大学統合研究院機構長補佐、2011-2013年東京工業大学ソリューション研究機構特任教授(再生可能エネルギー)、2013年から現在まで未来アジア技術フォーラム副理事長、2014年から現在まで(株)クラレンドン研究所代表取締役、2009-2014年APS開発研究会事務局長(国際産学連携)

講演概要 未来アジア技術フォーラムは、日本の大学の産学連携活動を生かして、インドとの技術交流を推進している。この活動内容を今回紹介し、それを参考に日本とミャンマーの国際産学官連携の強化方法を検討したい。
インドは13億人を抱える民主主義を掲げた世界最大の連邦共和制国家であり、多様な民族、言語、宗教によって構成され、英語、ヒンディー語他、15以上の言語が使われている。
議会制民主主義国家であり、州政府が一定の独立性を持ち、各州に中央政府とは別に政府があり大臣がいる。農民が60%以上であるが、製造業とサービス業が急速に成長している。

そのようなインドの環境の中で、私は昨年8月末にニューデリーでのインド再生可能エネルギー学会2018年に出席する機会を得た。この学会では、インドのエネルギー問題を討論したが、インド側からは日本の水素社会構想への挑戦に多くの質問が出た。さらに昨年9月末にインドの地方の大学生一行に対し、日本の地方大学での3週間に渡る体験研修を実施することができた。この研修では、農業中心のインド地方経済の中に、日本の制度や技術をインドの地方学生としてどう取り組めるか、インド若者の真剣さが感じられた。

2018年は、この2つの日印国際交流を通じて、日本の大学の産学連携活動がどのように日印の地方の活性化で生かされて行けるかについて検討できた。
国土・言語・宗教・政治・文化・経済・教育等、ミャンマーはインドとは多くの点で異なるが、ミャンマーの発展に日本の大学がどう貢献できるか。ミャンマーと日本の産学官連携活動で、インフラ作りから、農業や医療の改善、産業作り、国民の生活の改善、環境問題の対応等、ミャンマーの青写真作りや実現プロセスの推進に貢献出来る。このためにはミャンマーの大学と日本の大学の研究室や学生の交流の活性化や、産業界も参加した委託研究・共同研究の推進も必要である。今後、ミャンマーと共同で、日本の大学や研究機関、JICAや企業と協力しながら、国際技術交流の検討を進めて行きたい。

15:10-16:00 日本とミャンマーの切っても切れない友好関係

講師 熊野 活行(一般社団法人日本ミャンマー友好協会代表理事・日本システム企画株式会社代表取締役社長)

講師略歴 1949年東京都出身。東京理科大学工学部工業化学科卒業後、大日本印刷株式会社入社。1988年日本システム企画株式会社・日本ヘルス食品株式会社(現日本ヘルスケア株式会社前身)を設立し代表取締役社長に就任。1993年モンゴルにおける医療と教育支援を目的に日本モンゴル友好交流協会を設立し会長に就任。1998年にモンゴル国際経済商科大学(IIEB)を共同設立し、パソコンや書籍を寄贈、隔年でモンゴル大学間学力コンテストを主催している。2002年日本ミャンマー友好交流協会を設立し会長に就任(2017年一般財団法人化し代表理事に就任)、2008年ミャンマー連邦サイクロン被災地への食糧の寄贈、パゴダの修復支援などに携わる。2012年ヤンゴン市マウビ・タウンシップにあるアウンザブタイヤ寺院に国宝級仏像301体を寄贈し2018年12月には仏像を納める大聖堂も完成し落成式には10万人が集まった。現在「ジャパン・パゴダ」として多くのミャンマー人が訪れている。

講演概要
1. モンゴルにおける社会貢献活動
2. ミャンマー(ビルマ)との出会い 血は水よりも濃い
3. サフラン革命、そして出会う仏像
4. ジャパン・パコダは日本とミャンマー友好の象徴

16.00-16.20 ミャンマーにおける日本との提携状況

講師 テアウン(さくらグループ代表取締役会長)
講演要旨 ミャンマーにおけるNGOミャンマージャパンSEDA設立と現在までの経過と現状.日本との提携状況

16:20 – 17:20 交流会参加者自己紹介と名刺交換

(5)懇親会
代表理事のご挨拶 および懇親会参会者の事業展開予定紹介と懇談

(6)交流会で自社講演及び自社PR(資料配布可能)をご希望の方は事務局まで連絡下さい

(7)参加お申し込み
下記申し込みフォームで申し込んで下さい。
尚参加申し込みは議員会館の規則により1週間前までに入会者リストを提出する必要がありますので7月20日までにHPから申し込んで下さい。それ以降での参加申し込みは事務局まで連絡下さい。

(8)事務局
事務局(小西)まで連絡下さい konishiusa@yahoo.co.jp
★ご質問は事務局(小西)まで、ご気軽にご相談下さい080-5434-8889

第65回・ミャンマージャパン・SEDA東京交流会の申し込みフォーム

お名前 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

会社名 (必須)
 

参加者の人数とお名前 (必須・未定の場合はおおよそで結構です)
 

出席希望 (必須)
 交流会&懇親会交流会のみ

コメント欄
 

第61回・ミャンマージャパン・SEDA東京交流会のお知らせ

■■ ミャンマーを知る・語る・見る、チャンスが産まれる!

2019年3回目の「第61回ミャンマー交流会」を開催します。

2013年から開始したミャンマー交流会は今回で61回目を迎えました。

毎月開催される交流会に関心のある方が増え、毎回多くのチャレンジャーが参加し、情報交換が行われ好評です。前回の交流会は参加者26名中新規参加12名で、今までの参加者数は累計968名になりました。

参加者にも各自1分間の自己紹介で多くの参加者との名刺交換などで交流し人脈が広がりご自身の事業展開にも役立ちますので、ご参加をお待ちしています。

今回も前回と同様に開催場所が衆議院第2議員会館になりますので、事前に申し込みください。事前申し込み無しの当日参加は会館の警備上お断りしています。当日は会館1F(会議受付)で事務局スタッフがお待ちしておりますので『通行証』を受け取り、13:00から13:20までにおいでください。

それ以降に遅れる場合には担当理事清水の携帯電話070-1581-3700に連絡ください。

尚懇親会だけの申込は会場の入場の規則があり、お断りしております。

(1)主催者

一般社団法人ミャンマージャパンSEDA東京

(2)日時 2019年 3月29日 (金)

受付開始13時00分から   衆議院第2議員会館地下7号会議室

交流会  13時30分~17時 衆議院第2議員会館地下7号会議室

会費  交流会3,000円(会員は2,000円)、交流会+懇親会 5,000円(会員4,000円)

懇親会 17時00分~19時  懇親会場 衆議院第2議員会館地下食堂

交流会参加者のみ懇親会に参加できます。

ご出席希望の方は事前に月度会費として下記口座にお振込をお願い致します。万が一お振込が間に合わない場は後日のお振込で結構です。お振込み手数料はご負担願います。お振込は可能であれば出席者ご本人様のお名前でお振込頂ければ幸いです。また急なご欠席の際、既にお振込されている場合は、恐れ入りますが払戻しが叶いませんので次回以降の以降のご参会分としてご利用下さい。次回以降お申込みの際にご連絡を願います。尚、 領収書は発行致しておりませんので、お振込の際の受領書を領収書としてご使用下さい。

銀行口座 りそな銀行 練馬支店 普通 4376169

口座名 一般社団法人ミャンマージャパンSEDA東京

万が一お振り込みが間に合わない場合には後日のお振り込みでも結構です。

(3)場所 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第2議員会館

地下鉄東京メトロ国会議事堂駅(丸の内線、千代田線)出口1徒歩5分

地下鉄東京メトロ永田町駅(有楽町線、半蔵門線、南北線)出口1徒歩5分

(4)交流会プログラム

13:30 – 14:20 ミャンマー最新動向

講師   河野 順一 ミャンマージャパンSEDA東京代表理事

略歴   2013年月8月にミャンマージャパンSEDA東京を設立、以来5年間日本の中小企業とミャンマー企業との橋渡しとビジネス交流会・ビジネス訪問団の業を継続、87才,ネスパ(温泉・地熱)会長、コモンブリッジ(エネルギー会社長)

講演要旨 新投資法と新会社法による経済活動環境整備の進行状況や外資参入の統計的数値などからハングリー精神旺盛なミャンマー中小企業の現況などからポジ的な発想で進出促進をアピールする内容

14:20-15:10   「高専」について その海外展開への可能性

講師   新城 恵理奈(一般社団法人KOSENメディアラボ 事務局長)                                  

講師略歴 2011年に群馬工業高等専門学校(群馬高専)物質工学科を卒業、2013年に群馬高専専攻科環境工学専攻を修了。最初は研究職志望だったが、専門分野に特化しているのに卒業後の世界が見えない高専環境に疑問を抱き、その改善を目指すようになる。現在、高専は全国に57校あるが、そのうち41校を自ら訪問し「高専とは何か?」を追究した。とあるイベントで当法人代表理事の齊藤学一(苫小牧高専出身)と出会い、昨年6月に一般社団法人KOSENメディアラボを立ち上げた。

講演概要 「高専」という高等教育機関は、低学年の頃から専門分野の知識・スキルを身に着けることができる日本独自の5年制(商船系は5年半)の学校である。近年は即戦力になる技術者として多くの企業からのニーズが高くなっているが、その母数や知名度の少なさ、学歴上は短大卒と同様であるために安物扱いされる等の点が問題になっている。当法人はその対策としてどのようなことを行っているか、高専は海外からどのような注目・期待をされているかを、今回の講演で紹介する。

 15:10-15:50  新クリエイティブ経済新時代の目利き

講師   岡田安人(岡田コンサルティング研究所代表)

講師略歴:1964年電気通信大学卒業後、ソニー株式会社Trinitronカラーテレビの開発、研究開発本部で通信関連テレコム統括課長、初代TV会議事業部長4年間で20億円のビジネスに育成、放送機器開発本部長付等歴任。EBU欧州連合ヨーロッパ文字放送検討会議日本代表(EIAJ),郵政省3研究会「ISDN端末開発協議会、ISDN時代の技術基準のあり方に関する調査技術委員会、テレマーケティングサービスの高度化に関する調査研究委員会、各委員。一般社団法人TTC電信電話(現情報通信)技術委員会第4部会専門委員(テレマーケティング関連)を歴任。

定年退職後大学発ベンチャー(電気通信大学三木哲也教授と共同研究)創業、株式会社アーネット代表取締役社長、国立工科系12大学院単位互換授業配信システム開発、国公立大学中心に100セット納品、 ANA航空機整備士教育システムB787最初に導入のローンチカストマー向け)、経済産業省受賞。スーパー提携コンソーシアムの共同開発、各種国際会議共同議長などを経て、1915年(株)アーネット閉鎖、2017年岡田コンサルティング研究所設立現在に至る。

講演概要 世界に一つの優れたものを紹介するチャネルで私立大学73校、国公立大学74校に紹介するベースで最近の動きをお話しします。

 15.50-16.10  ミャンマー企業の紹介(3)

第3回のミャンマー企業の紹介をします。紹介する2社はいずれも日本企業との提携を希望しています。ビデオ会話方式で藤山理事が先方と会話しながら紹介します。

  1. (GM) Shwe Nyi Ko Company Limited

  Managing Director , U Phyone Maung Maung

  自動車整備業

  1. High Castle Company Limited

  Managing Director , U Zaw LwinThan

  人材送り出し機関

16:10 – 17:00  交流会参加者自己紹介と名刺交換

(5)懇親会

代表理事のご挨拶 および懇親会参会者の事業展開予定紹介と懇談

(6)交流会で自社講演及び自社PR(資料配布可能)をご希望の方は事務局まで連絡ください

(7)参加お申し込み

下記申し込みフォームで申し込んでください。

尚、参加申し込みは議員会館の規則により1週間前までに入会者リストを提出する必要がありますので3月18日までに申し込んでください。それ以降での参加申し込みは事務局まで連絡ください。

(8)事務局

事務局(小西)まで連絡ください konishiusa@yahoo.co.jp

★ご質問は事務局(小西)まで、ご気軽にご相談ください080-5434-8889

第61回・ミャンマージャパン・SEDA東京交流会申し込みフォーム

お名前 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

会社名 (必須)
 

参加者の人数とお名前 (必須・未定の場合はおおよそで結構です)
 

出席希望 (必須)
 交流会&懇親会交流会のみ

コメント欄
 

第59回・ミャンマージャパン・SEDA東京交流会のお知らせ

■■ ミャンマーを知る・語る・見る、チャンスが産まれ

下記要領で、2019年1回目の「第59回ミャンマー交流会」を開催します。2013年から開始したミャンマー交流会は今回で59回目を迎えました。

毎月開催されてきた今回の交流会では関心のある方が増え、毎回多くのチャレンジャーが参加し、情報交換が行われ好評で、前回の第58回交流会は参加者17名で、新規参加1名で、今までの参加者数は累計932名を超えました。参加者にも各自1分間の自己紹介で多くの参加者との名刺交換などで交流し、人脈が広がりご自身の事業展開にも役立ちますので、ご参加をお待ちしています。

今回も前回と同様に開催場所が衆議院第2議員会館になりますので、事前に申し込み下さい。

事前申し込み無しの当日参加は会館の警備上お断りしています。当日は会館1F(会議受付)で事務局スタッフがお待ちしておりますので『通行証』を受け取り、12:45から13:20までにおいで下さい。
それ以降に遅れる場合には担当理事清水の携帯電話070-1581-3700に連絡下さい。

尚、懇親会だけの申込は会場の入場の規則があり、お断りしております。

(1)主催者

 一般社団法人ミャンマージャパンSEDA東京

(2)日時  2019年 1月25日 (金)   8

受付開始   13時00分から   衆議院第2議員会館地下号8会議室  受付
交流会    13時30分~17時 衆議院第2議員会館地下8号会議室
会費     交流会3,000円(会員は2,000円)、交流会+懇親会 5,000円(会員4,000円)
懇親会    17時00分~19時 懇親会場 衆議院第2議員会館地下食堂

交流会参加者のみ懇親会に参加できます 。

ご出席希望の方は事前に月度会費として下記口座にお振込をお願い致します。

万が一お振込が間に合わない場は後日のお振込で結構です。

お振込み手数料はご負担願います。お振込は可能であれば出席者ご本人様のお名前でお振込頂ければ幸いです。

また急なご欠席の際、既にお振込されている場合は、恐れ入りますが払戻しが叶いませんので次回以降の以降のご参会分としてご利用下さい。

次回以降お申込みの際にご連絡を願います。尚、 領収書は発行致しておりませんので、お振込の際の受領書を領収書としてご使用下さい。

銀行口座 りそな銀行 練馬支店 普通 4376169
 口座名 一般社団法人ミャンマージャパンSEDA東京
  万が一お振り込みが間に合わない場合には後日のお振り込みでも結構です。

(3)場所 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第2議員会館 

  地下鉄東京メトロ国会議事堂駅(丸の内線、千代田線)出口1徒歩5分

  地下鉄東京メトロ永田町駅(有楽町線、半蔵門線、南北線)出口1徒歩5分

(4)交流会プログラム

13:30 – 14:20 ミャンマー最新動向  

講師     河野 順一 ミャンマージャパンSEDA東京代表理事

略歴     2013年月8月にミャンマージャパンSEDA東京を設立、以来5年間日本 中小企業とミャンマー企業との橋渡しとビジネス交流会・ビジネス訪問団の業を継続、87才,ネスパ(温泉・地熱)会長、コモンブリッジ(エネルギー会 社長)

講演要旨   新投資法と新会社法による経済活動環境整備の進行状況や外資参入の統計的数値などからハングリー精神旺盛なミャンマー中小企業の現況などからポジ的な発想で進出促進をアピールする内容

14:20-15:10   水の微小エネルギーの基礎及び環境、生体、食品へも応用

講師    杉原 淳(杉原科学技術研究所代表)    

講師略歴  1970年3月大阪大学大学院原子力工学専攻・博士課程修了(工学博士)、1970年4月Global Nuclea Fuel入社(製造技術主任・品質保証部課長副技師長歴任)、1988年10月~2008年3月湘南工科大学教授(温度差発電 半導体の研究・開発)、2009年4月神奈川大学工学研究所客員教授(温度差発 電国家プロジェクト委員)、2014年3月杉原科学技術研究所設立(2006年から 水の研究)

 講演概要  水分子をナノの1/10以下にすることにより、素粒子的な特性を持 ち、エネルギーは遠赤外線からテラヘルツ波(波長10~300um)である。

さらに 粒子としての特性を持つことによって、さまざまな物質の特性を変えることが 出来る。環境浄化(川、池などの水)食品の鮮度保持、肉汁のドリップ防止、食物の生長促進、そして生体においては吸収性が極めて良いので、体内疾患の 改善、福島の汚染土壌のセシウムを安定土壌のバリウムに変換し放射能低減にも効果を示した。水の機能を広範囲にお話します。

 15:10-16:00  株式会社キャリアバンクの事業展開

講師    福寺 清一(株式会社キャリアバンク首都圏統括部長)

講師略歴: 1969年3月  福岡県立修猷館高校卒

       1973年3月  慶應義塾大学法学部卒

       1973年4月  森永製菓株式会社入社 東京第2販売部配属

       1989年11月  同社中四国統括支店菓子担当課長

      1992年1月 台湾森永製菓 副総経理営業企画部長

      1996年10月  森永製菓健康事業部第二営業担当マネジャー兼 食品事業本部ウイダーinゼリー担当部長

      1999年6月  森永製菓健康事業部長 2002年6月  森永製菓取締役就任

      2005年1月  森永製菓取締役 上海森永食品有限公司董事長(CEO)

       2009年6月  株式会社サンライズ代表取締役社長

       2013年2月  株式会社キャリアバンク首都圏統括部長現在に至る

講演概要 

1.キャリアバンク入社の原因 【職を求めている人と働く人を求めている人を結びつける社会貢献性 の高い仕事】という言葉にひかれた

2.内容

・福寺が考えるキャリアバンク東京のビジョン・ミッション ・ 高齢者・外国人・子育てママの活用により日本を活性化する。

・キャリアバンク東京 福寺赴任後ビジネスモデルを変換(事業範囲の拡大)

 人材派遣→(企業開拓)→人材紹介→官公庁の入札(教育)→顧問(キャリア・シニア)派遣→外国人留学生の活用→外国人技能実習生・特定技能、外国からの人材の受入れ先開拓

・当社の力考えて 他企業とのコラボレーションを推進

3.外国人材

・外国人材活用 感じる必要性と鎖国日本の現状

・ベトナム人材 感じる可能性 やめる「安く使う考え方」 以上

講演要旨 

16:00 – 17:00  交流会参加者自己紹介と名刺交換

(5)懇親会

 17:00~19:00 (お酒と立食形式軽食付き)

 代表理事のご挨拶 および懇親会参会者の事業展開予定紹介と懇談

(6)交流会で自社講演及び自社PR(資料配布可能)をご希望の方は事務局まで連絡下さい

(7)参加お申し込み

下記の申し込みフォームで申し込んでください。

尚参加申し込みは議員会館の規則により1週間前までに入会者リストを提出する必要がありますので1月18日までに申し込んでください。それ以降での参加申し込みは事務局まで連絡ください。

(8)事務局 事務局(小西)まで連絡下さい。konishiusa@yahoo.co.jp 

★ご質問は事務局(小西)まで、ご気軽にご相談ください080-5434-8889

第59回ミャンマージャパン・セダ東京交流会 申し込みフォーム

お名前 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

会社名 (必須)
 

参加者の人数とお名前 (必須・未定の場合はおおよそで結構です)
 

出席希望 (必須)
 交流会&懇親会交流会のみ

コメント欄
 

ミャンマー ジャパン SEDA 紹介動画 @ 東京ビジネスサミット

去る9/19に開催された「東京ビジネスサミット」での取材動画です。

私たちミャンマーSEDA東京は、ミャンマーとの交流やビジネを希望される方に、
親切丁寧なアドバイスや情報提供を行っています。

ミャンマーについて、何か不安な点や聞きたいことがございましたら、
ビデオに登場したスタッフまでお問い合せください。

ミャンマーに関するご相談は、こちらから!